旭川市障害者福祉センター          おぴった

施設案内 | 利用案内 | 行事報告 | 予約状況 | 交通アクセス | リンク | トップ

利用案内

利用時間 申込方法 利用料金 使用上のお願い 駐車場

利用料金

  1. 利用料金には,消費税及び地方消費税が含まれております。
  2. 午前・午後又は午後と夜間を通して使用する場合の利用料金は,それぞれの時間区分の利用料金を合算した額となります。
  3. 利用料金は前納となっておりますので,申込のときに窓口でお支払い下さい。
  4. 日程等の変更,取り消しの場合には,既にお支払いいただきました利用料金は,お客様の都合による理由では原則としてお返しいたしませんので,ご了承下さい。
  5. 7月1日〜8月31日までは冷房料(利用料金の2割),11月1日〜翌年4月30日までは暖房料(利用料金の2割)が別にかかります。
  6. 営利を目的とする行事等について使用する場合の利用料金は,この表に定める額の30割に相当する額とします。(企業・会社の会議も含みます。)

会議室等

障害者等

午前
9時〜12時
午後
13時〜17時
夜間
18時〜21時
全日
9時〜21時
会議室1 1220円 1710円 2200円 5130円
会議室1−A 680円 960円 1230円 2870円
会議室1−B 450円 640円 820円 1910円
会議室2 160円 230円 290円 680円
会議室3 270円 370円 490円 1130円
和室研修室 330円 470円 590円 1390円
陶芸室 70円 100円 130円 300円
調理室 280円 390円 510円 1180円
映像スタジオ 280円 380円 500円 1160円
音響スタジオ 100円 150円 200円 450円

一般

午前
9時〜12時
午後
13時〜17時
夜間
18時〜21時
全日
9時〜21時
会議室1 3670円 5140円 6610円 15420円
会議室1−A 2050円 2880円 3700円 8630円
会議室1−B 1360円 1920円 2470円 5750円
会議室2 490円 690円 890円 2070円
会議室3 810円 1140円 1470円 3420円
和室研修室 990円 1400円 1800円 4190円
陶芸室 220円 310円 400円 930円
調理室 850円 1190円 1540円 3580円
映像スタジオ 850円 1180円 1530円 3560円
音響スタジオ 320円 470円 600円 1390円

水浴訓練室

専用使用

障害者等 一般
2コース 1時間 1400円 1時間 4200円
1コース 1時間  700円 1時間 2100円

個人使用

障害者等 一般
小・中学生 1人1回  30円 1人1回  100円
高校生 1人1回  50円 1人1回  260円
上記以外の者 1人1回 100円 1人1回  520円

個人使用・回数券(平成25年4月2日から発行)

障害者等 一般
小・中学生 6回分  150円 6回分  520円
高校生 6回分  260円 6回分 1310円
上記以外の者 6回分  520円 6回分 2620円

体育館

障害者等

午前
9時〜12時
午後
13時〜17時
夜間
18時〜21時
全日
9時〜21時
高校生以下の者 240円 330円 440円 1010円
上記以外の者 320円 450円 580円 1350円

一般

午前
9時〜12時
午後
13時〜17時
夜間
18時〜21時
全日
9時〜21時
高校生以下の者 870円 1210円 1570円 3660円
上記以外の者 1160円 1630円 2110円 4900円



備考
  1. 「障害者等」とは,障害者及びその介助者並びに障害者に対するボランティア活動を行っている者をいう。
  2. 「高校生」には,高校生と同年齢の者を含む。
  3. 利用料金は前納とする。ただし、指定管理者が特別の理由があると認めたときは、この限りではない。
  4. 午前と午後又は夜間を通して使用する場合の利用料金は,それぞれの時間区分の利用料金を合算した額とする。
  5. 指定管理者は,センターの運営に支障がないと認めたとき,1時間(1時間未満のときは,1時間にする。)につき,次に定めるとおりとする。 (1)使用時間延長のとき。 使用の承認を受けたときの区分の利用料金の3割に相当する額 (2)開館時間以外の使用のとき。 夜間の区分の利用料金の3割に相当する額
  6. 陶芸室の電気炉を使用するときは,電気料の実費を徴収する。
  7. 水浴訓練室の個人使用において,小学校入学前の者は,無料とする。
  8. 体育館の使用面積が2分の1の場合の利用料金は,当該利用料金の2分の1の額とする。
  9. 使用のための準備及び現状回復に要する時間は,使用時間に含むものとする。
  10. 営利を目的とする行事等について使用する場合の利用料金は,この表に定める額の30割に相当する額とする。
  11. 専用使用する場合の冷房料の徴収期間は7月1日から8月31日まで,暖房料の徴収期間は11月1日から翌年4月30日までとし、冷暖房料の額は利用料金の2割に相当する額とする
  12. この表により算出された利用料金の合計額に10円未満の金額が生じたときは,これを切り捨てる。